ダルまとめ速報

最近の話題、面白ネタなどを毎日お届けします。


    いじめっ子はいなくなれ

    1 Hikaru ★ :2019/03/19(火) 12:47:49.58

    読売新聞オンライン 2019/03/19 12:00
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20190319-OYT1T50165/

     静岡県伊豆の国市立韮山中学校で昨年5月、男子生徒が他の生徒から暴行を受けて
    膵臓断裂の重傷を負った事件で、県警が加害生徒を書類送検し、
    静岡地検沼津支部が、加害生徒を静岡家裁沼津支部に傷害の非行事実で送致していたことが関係者への取材で分かった。
    送致は同8月10日付。

     関係者によると、加害生徒は昨年5月22日、男子生徒の腹をかかとで踏みつけた。
    男子生徒は10年以上の通院が必要だという。
    加害生徒は容姿をからかわれたことに腹を立てて、暴力を振るった。

     市教育委員会は、「突発的、衝動的に暴行した」として、いじめではないとする第三者委員会の調査報告書を公表している。


    【【静岡】容姿をからかった相手に腹踏みつけられ膵臓断裂…10年以上の通院が必要な重傷 市教育委員会「いじめではない」】の続きを読む



    (出典 www.dm-net.co.jp)



    1 ニライカナイφ ★ :2019/03/19(火) 13:09:53.28

    ◆ アメリカ人がどんどん死んでいる…理由はインスリンが高過ぎて買えないから

    糖尿病の人にとってインスリンは生死を分ける薬ですが、医療崩壊が叫ばれるアメリカでは、医薬品が高騰する一方でインスリンも例外ではありません。
    保険が効く人でさえ、728ドル(約8万円)の請求書を受け取る状態だそうで、捻出できずに死んでいく人が増えているというのです。

    各製薬会社のインスリンの高騰ぶりはすさまじく、イーライリリー・アンド・カンパニーは2001~2005年の間に35ドルから234ドル、ノボノルディスクは2013~2019年に285ドルから540ドル。
    サノフィは244ドル~431ドルと、この数年だけでも倍増している状態です。

    このため治療を中断したり、最初から買えず、死に至る人が激増しているのだとか。
    アメリカには現在3000万人の糖尿病患者がいると言われ、そのうちインスリンが日常的に必要な人は約740万人であると見積もられています。

    薬が買えずに亡くなっていくという、まるで後進国のような状態に議論が沸騰していました。
    深刻になる一方のアメリカの医療問題。改善の道はあるのでしょうか。

    ※記事を一部引用しました。全文はソースでご覧下さい。

    写真:
    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    らぱQ 2019年03月19日 12:34
    http://labaq.com/archives/51906847.html


    【【米国】国民がどんどん死んでいる…理由は糖尿病治療のためのインスリンが高過ぎて買えないから】の続きを読む



    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/19(火) 08:34:23.419


    (出典 i.imgur.com)

    ま、お前らなら当然解けるよな?


    【これ解けない奴は中卒確定らしいぞwwwwwww】の続きを読む



    (出典 www.amgakuin.co.jp)



    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/03/18(月) 21:12:29.947

    (´・ω・`)評価お願いします!

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【【速報】漫画描いたwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む



    (出典 www.kyounoryouri.jp)


    俺死ぬなw

    1 僕らなら ★ :2019/03/18(月) 21:11:37.73

    (CNN) 1週間に卵を3~4個食べる人や、食事から1日当たり300ミリグラムのコレステロールを摂取する人は、そうでない人に比べて心疾患や早死にのリスクが高い――。そんな調査結果がこのほど医学誌JAMAに発表された。

    論文を執筆した米ノースウエスタン大学のビクター・ゾン氏によると、卵の黄身は特にコレステロール値が高く、卵1個には大きなもので約186ミリグラムのコレステロールが含まれる。

    研究チームは、2万9000人あまりについて平均で17年半にわたって追跡調査した米国内の6研究グループのデータを詳しく調べた。

    その結果、心血管系の疾患を発症していたのは計5400人で、うち1302人は脳卒中(死者を含む)、1897人は心不全(同)を発症し、113人はそのほかの心疾患のため死亡していた。それ以外の原因で死亡した患者は6132人だった。

    今回の調査では、食事からのコレステロール摂取が1日当たり300ミリグラム増えると、心疾患に関連したリスクは3.2%高まり、早死にする可能性は4.4%増えるという結果が出た。

    卵は1日当たりの消費量が半個増えるごとに、心血管系疾患のリスクは1.1%上昇し、早死にリスクは1.9%上昇するとしている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190318-35134378-cnn-int


    【【医学】1週間に卵を3個以上食べると早死にするとの調査結果】の続きを読む

    このページのトップヘ