ダルまとめ速報

最近の話題、面白ネタなどを毎日お届けします。



    (出典 www.daiichihoki.co.jp)



    1 部屋ねこ ★ :2019/06/06(木) 11:37:57.63

    ひきこもり状態の中高年 自立をどう支援するか 「社会で支える仕組みが必要だ」と識者
    https://mainichi.jp/articles/20190606/k00/00m/040/085000c


    自治体から女性に示された「保護申請却下通知書」=2019年4月撮影

     川崎市多摩区で児童らが襲われて20人が死傷した事件で、直後に自殺した岩崎隆一容疑者(51)は「ひきこもり傾向にあった」とされる。内閣府は、ひきこもり状態の中高年が全国で61万3000人に上ると推計するが、高齢の親との関係が悪く、放置された状態のケースも少なくないという。自立をどう支援するか。専門家は「親と同居したままでも生活保護を受けられるようにするなど、社会で支える仕組みが必要だ」と指摘する。

     埼玉県内の40代女性は6年前、交際していた男性と別れて自暴自棄になり、60代の母と2人で暮らす賃貸住宅から出られなくなった。

     母は、日中は売店で働き深夜は宅配便の仕分けのアルバイトをしているが、年収は約200万円で電気や水道を止められることも。女性は部屋に閉じこもり、スマートフォンで楽しめる有料のソーシャルゲームに依存するうちに500万円の借金を背負った。

     「自分には生きている価値がない」との考えにとらわれて、家事はおろか自分の身の回りのこともほとんどできない。髪を洗うのも月1回。「子供の頃から暴言を浴びせられてきた」という母との会話はほとんどなく、食事は母の残り物かインスタントラーメンだ。

     2年前、やむにやまれず消費生活センターに相談したのがきっかけで、初めて弁護士の支援を受けた。借金は免責となり、現在は障害福祉サービスも利用できるようになった。訪問ヘルパーが週1回髪を洗い、病院への送迎をしてくれる。「生きていていいのかもしれない」。少しずつ前向きに考え始めた。

     ひきこもりになる前から重度のうつ病で、2011年に2級の精神障害者手帳を交付された。しかし定職に就いたことがなく国民年金の保険料を納めていなかったため、障害年金の受給資格がない。自立への一歩を踏み出そうと17年9月と18年10月に、親と同居していても別世帯として扱う「世帯分離」による生活保護を自治体に申請したが、いずれも「世帯主である母親が保護を望んでいない」との理由で却下された。

     1人暮らしをすれば保護を受けられるが、部屋を借りる初期費用を工面できない。自治体の担当者は「家を出て、ネットカフェで暮らせば保護を出せるが、今の制度では難しい」と話したという。

     女性を支援する小山香弁護士によると、家族が支援を拒んだりしてひきこもり期間が長期にわたる場合、社会経験が皆無に等しいため、自力で住まいを確保したり、行政に支援を求めたりするのはきわめて難しいという。「最悪の状態になってからでなければ支援できない制度で本当にいいのか。個人単位で経済的に支援して将来不安を軽減することで、本人の状態の改善にもつながる」と、制度改正の必要性を訴える。

     精神科医の斎藤環さんも「世帯ではなく、個人単位で支給できる社会保障制度を作るべきだ」と主張する。

    ■生活保護の世帯分離

     生活保護法は、世帯単位での保護を原則としており、個人単位での支給を認めていない。ただ厚生労働省の実施要領は例外として、子どもが大学に進学する▽要保護者が寝たきりや重度の障害のため介護が常時必要――などのケースについて、同居していても別世帯として扱う「世帯分離」や、個人単位での支給を認めている。


    【【絶望】40代ひきこもり女性、自立への一歩を踏み出そう生活保護を申請→「母親が保護を望んでいない」との理由で却下】の続きを読む



    (出典 assets.media-platform.com)



    1 記憶たどり。 ★ :2019/06/05(水) 14:45:48.49

    https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3691610.html

    数年ぶりに実家に戻ってトラブルとなった20代の男が70代の祖父の自宅を訪れ、
    包丁で刺して殺害しようとしたとして、警視庁に逮捕されました。

    逮捕されたのは、住所・職業不詳の馬場法明容疑者(29)で、今月2日の午後7時半ごろ、
    江東区北砂で70代の祖父の首や背中を包丁で複数回刺して、重傷を負わせ殺害しようとした
    疑いがもたれています。

    警視庁によりますと、馬場容疑者は実家で家庭内暴力を振るっていたとみられ、
    4、5年前から転々としていましたが、今月2日の未明に再び実家を訪れて、
    トラブルとなったということです。その後、面識のない祖父の自宅を調べて訪れたとみられ、
    取り調べに対し、「祖父が自分のことを罵倒したので頭にきて包丁で首を突き刺した」
    と容疑を認めているということです。


    【家庭内暴力をふるっていた実家に数年ぶりに戻った男、実家でトラブルとなり、祖父宅を訪れ祖父を包丁で】の続きを読む



    1 ばーど ★ :2019/06/05(水) 08:07:54.08

    お笑いコンビ、南海キャンディーズの山ちゃんこと山里亮太(42)と女優蒼井優(33)が、今月3日に結婚していたことが分かった。今日5日夜に、都内でツーショット会見して発表する。

    2人が知り合ったきっかけは、山里の相方のしずちゃんこと山崎静代(40)が06年に映画「フラガール」で蒼井と共演したこと。山崎と蒼井が親友になり、山崎を通じて一緒に食事をする仲になった。この4月から交際が始まり、電撃結婚となった。

    山里は吉本興業の「よしもとブサイクランキング」で06年から3年連続1位に輝いて殿堂入りした非モテ男の代表。だが、蒼井はかねて芸人としての山里を尊敬、そこから愛に変わり、非モテと若き演技派女優の電撃結婚となった。

    山里は日本テレビ系の朝の情報番組「スッキリ」(月~金曜午前8時)で「天の声」としてナレーションを担当。今日5日の生放送での発言が注目される。

    6/5(水) 8:00
    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190605-06050114-nksports-ent

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    関連スレ
    【芸能】蒼井優さんと南海キャンディーズの山里亮太さんが結婚 交際2カ月 ★5
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1559684527/


    【【芸能】南海キャンディーズ・山里亮太と蒼井優3日に結婚 今夜ツーショット会見】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/04(火) 08:21:12.12

    タレントの辻希美(31歳)が、6月3日に放送されたバラエティ番組「有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議SP」(TBS系)に出演。
    お風呂場でおしっこをしていることを告白した。

    番組はこの日、お笑いコンビ・アンジャッシュの児嶋一哉(46歳)がお風呂場でおしっこをしていると、
    妻から寄せられた苦情を紹介し、そこからスタジオの出演者たちが“する”“しない”で激論を交わす展開に。

    そして「お風呂場でおしっこをしたことがあるか?(女性)」とのアンケート調査の結果、55%が「したことがある」(毎回する/よくする/たまにする/今はしないがしたことがある)というデータを見たあと、
    番組MCの有田哲平が「(女性の55%がするなら)辻ちゃん、やるよね?」と話を振ると、辻は恥ずかしそうに笑いながら二度、三度と頷いた。

    これに、平成ノブシコブシの吉村崇は「やるんですか!? 辻さん!」とビックリ。
    一緒に出演していた夫で俳優の杉浦太陽も「知らない、知らない。マジで!? 一緒に入ってますけど、その動作がわかんないですよ」と、一つ屋根の下に暮らしていても気付かなかったという。

    辻は「あれって不思議なもので、トイレ行ったあとでもしたくなりません? たぶん、だから、女子も言わないだけで、出てるんですよ(笑)。出ちゃう。流れるものは一緒ですよね、場所は」と力説。

    さらに「最初、児島さんが(おしっこのことを)喋り始めたときに、『すっごい分かる』って思ってたんですけど、周りが引き始めたので、言わないでおこうって思ったんですけど、
    めっちゃ有田さんと目が合って……」と、有田に見つかってこのトークになったことを明かし、
    一方の有田は、まず話を振った相手が辻だったのは「プールに入ってボーッとしてる人いるじゃないですか。あんな顔してた。これは怪しいな、と」表情から見抜いたと語った。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16562635/
    2019年6月4日 1時49分 ナリナリドットコム


    【【芸能】辻希美“風呂でおしっこ”告白】の続きを読む



    (出典 tk.ismcdn.jp)



    1 みつを ★ :2019/06/03(月) 21:15:37.00

    https://www.asahi.com/articles/ASM636HH4M63UTFS004.html

    「引きこもりの我が子どうすれば」 鳴りやまぬ相談電話
    有料会員限定記事
    田渕紫織
    2019年6月3日20時59分

     川崎の児童ら20人が殺傷された事件や元次官が長男を殺害したとされる事件を受け、長くひきこもる子どもと暮らす、老いゆく親に動揺や不安が広がっている。専門家は、家族に過重な責任を負わせずSOSを出しやすくするよう、呼びかけている。

     「ひとごととは、思えません」。東京都内に住む母親(71)は一連の事件の報道に、胸を詰まらせる。40代の娘は、不登校をきっかけに30年近くひきこもり、ここ5年間は話していない。包丁を持ち出して暴れ、自殺を図った時には、怖くて人に話せなかった。

     「娘のことを恥ずかしいと思ってはいけない、隠してはいけないとわかりながら、家の外でいつ何をするかわからないから、そうしてしまう。自己嫌悪で沈んでいます」。夫は、向き合うことから逃げていると感じる。自分もうつ状態になり、精神状態を保つのでせいいっぱいだ。「私もいつまでも生きているわけじゃない。先延ばしできないと思いながらも、衰弱してしまって誰かに相談する気になれません」

     東京・巣鴨でひきこもりの当事者と家族を支援するNPO法人「楽の会リーラ」の事務所。川崎の事件以来、週2回の相談電話が鳴りやまない。「大声を出して家の外で迷惑をかけるんじゃないか」「世間に対して恥ずかしい」。40~50代のひきこもる本人の「川崎の事件で世間の目線が怖くなって家から出られなくなった」の声に混じって、60~70代を中心とした親たちの声が相次ぐ。娘が以前ひきこもっていた事務局長の市川乙允さん(72)は、「以前から親の不安は強かったが、川崎の事件で本人の不安定さが増し、親にも伝わっているのかもしれない」。

     一方で、20年来、ひきこもり…
    有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です
    有料会員になると続きをお読みいただけます
    残り:1040文字/全文:1723文字


    【【引きこもりの我が子どうすれば】鳴りやまぬ相談電話 川崎と元次官の事件受け】の続きを読む

    このページのトップヘ