ダルまとめ速報

最近の話題、面白ネタなどを毎日お届けします。

    カテゴリ: 芸能



    (出典 i.daily.jp)



    1 ひかり ★ :2019/06/14(金) 13:13:35.14

    タレントの熊田曜子(37)が6月12日、自身のインスタグラムに「夫が食事を食べてくれず、手料理を捨てることが続いている」ことを投稿。「モラハラではないか」と
    SNSで話題となっている。

    熊田はインスタグラムのストーリーズに「朝起きて一番にする家事が一口も食べてもらえなかったご飯の処理。食べるって言ったのに。このパターンもう100回は
    経験してるけどかなりのダメージ」と記した。

    投稿には一汁三菜を越えた品数の和食に、大きくバツ印をつけた写真が添えられている。

    この投稿がTwitterで拡散され、

    「旦那一口も食べないってどういうこと?モラ夫かよ…」

    「このクオリティの料理を作っている熊田曜子さんすごいな。もう少し手を抜いて余裕を持って欲しい」

    「これは可哀想すぎる。小鉢こんなに用意するの大変だよ」

    と同情の声が集まっている。

    熊田がSNSで家庭の愚痴をこぼしたのは、今回が初めてではない。今年4月29日、ストーリーズで姑からの厳しい仕打ちについてもこう悲痛な叫びをあげていた。

    「明日一緒に夕飯を食べましょうというお姑さんからの誘い。予定が入ってるし義家族とあう約束は別日にあるからお断りしたらめっちゃ怒られた。しかも、
    朝から私の実母に私のダメ出し電話1時間。さらに30行くらいの長文LINEで実母も私も怒られてる」

    熊田は、2012年4月に一般男性と結婚。同年12月に第一子女児、2015年10月に第二子女児、2018年6月に第三子女児を出産。現在はグラビアだけでなく、
    三人娘を抱えるママタレントとしても活躍している。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190614-00010007-jisin-ent

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【芸能】熊田曜子 夫からの“モラハラ”暴露「食事残されるの100回経験」】の続きを読む



    (出典 suntoranosuke.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/13(木) 06:58:18.60

    タレントのビートたけし(72)が、5月に幹子夫人(67)と離婚したことが12日、分かった。
    長く別居してきたが、40年にわたる関係に正式にピリオドを打った。
    200億円以上ともされる莫大(ばくだい)な財産をたけしが夫人に渡すことで“決別”。
    自らの資産を捨てて、愛人とされてきた18歳年下の女性パートナーA子さんとの“愛”を選んだ形だ。
    残りの人生を謳歌(おうか)するための、令和元年の再出発だ。

    関係者によれば、離婚が成立したのは5月。互いに弁護士を立てての協議離婚で、数年にわたって話し合いを続けてきた。
    代理人弁護士も「離婚したのは事実です。それ以上お話しすることはない」と話した。

    財産分与の話し合いでは、たけしがほぼ全ての財産を幹子さんに渡すことで同意したとみられる。
    幹子さんが受け取る財産は、金額に換算すると200億円以上になりそうだ。

    知人は「個人資産で100億円、会社名義で100億円以上あったものを全て渡す形になったと聞いている。
    大切にしてきた高級外車のコレクションも手放すことになった」と明かした。
    残ったのは、15年に立ち上げた新事務所「T.Nゴン」を兼ねた東京都世田谷区内の自宅だけだ。

    72歳の今もなお、テレビのレギュラー番組6本を抱えるなど売れっ子のたけしは、年収10億円超とされる。
    17年4月から新事務所に仕事の報酬が振り込まれているが、それまでは幹子さんが数十年にわたって収入を管理。
    「たけしさんは月額300万から400万円のお小遣いをもらってやりくりしてきた」(関係者)といい、多額の資産を残している。

    海外セレブが離婚に際して超高額の慰謝料を支払うことは多々あるが、日本では異例の金額。
    テレビ関係者は「日本の芸能界で史上最高額の“手切れ金”であることは間違いない」と目を丸くした。

    たけしは「40年かかったけどやっとケジメがついた。これでA子と歩んでいける」と周囲に話しているという。
    別の知人は「たけしさんが再婚したとは聞いてない。面倒なことはもう嫌でしょうし、今後することもないでしょう」と話しており、このままの関係を続けていくとみられる。

    A子さんとは7年前に出会い、交際を続けてきた。仕事の相談相手になるなど、たけしは絶大な信頼を寄せている。
    公私両面で欠かせない存在。自身の手元に唯一残した財産である自宅が、2人の愛の巣だ。

    一方、幹子さんの周囲は「思うところもあるだろうが、納得している様子です」と明かした。ブレーク前の70年代から交際し、83年に結婚。
    当時から既に別居状態で、幹子さんが離婚を求めたこともあったが、婚姻関係だけは続けてきた。

    その2人が、40年目に決めた熟年離婚。
    型破りな生き方をしてきたたけしだが、最終章に入っていく人生を見据えて選んだのは、お金ではなく愛だった。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16610171/
    2019年6月13日 5時42分 スポニチアネックス


    【【芸能】ビートたけし 日本芸能界最高額の手切れ金 200億円以上譲渡で夫人と決別】の続きを読む



    (出典 images.moneytalk.tokyo)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/12(水) 17:02:50.40

    日本最難関の東大医学部6年生、司法試験に一発合格という秀才にして「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でベスト30にも残った経験のあるイケメン、河野玄斗氏(23)。
    今年2月に『最強の頭脳 日本一決定戦! 頭脳王』(日本テレビ)で2連覇を果たし、
    昨年出版した著書は10万部を突破。アイドルのプロデュースも手がけ、YouTuberとしても活動するという今最もブレイクしている“東大生タレント”だ。


    (出典 image.news.livedoor.com)


    そんな河野氏に、女性との間に妊娠・中絶をめぐってトラブルが発生していることが「週刊文春」の取材でわかった。
    相手はテレビやCMに出演し、モデルとしても活動してきた20代後半のタレント・A子さん。週刊文春の取材に対し、A子さんが口を開いた。

    A子さんによれば、2人の出会いは昨年春、飲み会でのことだった。

    「その日に彼の家で避妊せず、関係を持ちました。私は、避妊しないことには同意していません」(A子さん)

    ほどなく妊娠が発覚。産みたいと考えたA子さんは河野氏に相談したが、次のように言われたという。

    「産む(産んでもらう)のは難しいという話でした。衝撃だったのは、彼が『今はまだ脳が発達していないから生きているものではない』
    『悲しいとかの感情があるわけじゃない』などと言ったこと。命を救うための勉強をしているはずなのに、なんでこんなことを言えるんだろうと……」

    話し合いの結果、2人は中絶に合意。堕胎手術を受けたA子さんの心身のダメージは重く、仕事に支障をきたすようになった。
    2人はその後月に1、2回の頻度で会っていたが、1年後、河野氏が別れ話を切り出したことがきっかけで、河野氏の通報のもと警察が出動する騒ぎに。
    A子さんは警察で、「今後は弁護士を通して連絡する」という趣旨の上申書を書くに至った。

    河野氏は取材に対し、妊娠・中絶の経緯を認めた上で、「『産みたい』と言われて『堕ろせ』と言ったことはない」と回答。
    A子さんが負った心身のダメージについては「責任は取ったと考えている」「初期の頃は、定期的に7時間くらい電話して、そのまま実習に行くこともあった。
    僕も精神的にすり減らしていた」などと振り返った。そして「彼女を傷つけてしまった事に対して、深く反省をしております」とした。

    2人の1年以上にわたるトラブルの経緯やA子さんの証言、河野氏との一問一答など、詳しくは6月13日(木)発売の「週刊文春」で報じている。

    (「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年6月20日号)

    https://news.livedoor.com/article/detail/16607280/
    2019年6月12日 16時0分 文春オンライン


    【【芸能】“頭脳王”東大生・河野玄斗 タレントとの「妊娠・中絶トラブル」を反省】の続きを読む



    (出典 www.news-postseven.com)



    1 ひかり ★ :2019/06/12(水) 10:16:50.11

    ビートたけし(72)が妻幹子さん(68)と協議離婚していたことが12日、分かった。以前から、話し合いが続けられており、このほど結論が出た。

    幹子さんは元女性漫才「ミキ&ミチ」で活動し、たけしと80年に結婚(正式な婚姻届は83年)、1男1女がいる。

    40年近い結婚生活だった。たけしに不倫や隠し子騒動が浮上したり、86年のフライデー襲撃事件など、夫婦の危機もあった。94年にたけしがバイク転倒事故で
    重傷を負った時には、幹子さんが集中治療室の隣の部屋に泊まり込んで看病を続けたこともあった。近年は別居生活で、定期的に食事をするなどしていたが、
    会う回数は減っていたとみられる。

    たけしは昨年3月いっぱいで、オフィス北野を独立し、自分が代表を務める「T.Nゴン」に所属している。

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190612-06120214-nksports-ent


    【【芸能】ビートたけし離婚 40年近く連れ添った幹子さんと】の続きを読む



    (出典 i.daily.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/11(火) 07:22:37.96

    タレントの千原ジュニア(45歳)が、6月9日に放送されたニュース番組「Abema的ニュースショー」(AbemaTV)に出演。
    “闇営業”問題で吉本興業と契約解消となったカラテカ・入江慎也(42歳)から、泣きながら電話があったことを明かした。

    番組はこの日、入江らお笑い芸人による、振込詐欺グループを相手にした“闇営業”問題をピックアップ。

    よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属で、入江の元先輩にあたる番組MCのジュニアには、騒動直後に入江から“報告の電話”があったという。

    「久しく連絡がない人からの突然の電話は大概結婚の報告だ」と語ったジュニアは、
    入江からの電話も結婚報告だと思い込んでいたそうだが、「入江から『解雇になりました』と泣きながら電話がかかってきた」ことに、とても驚いたと語った。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16598657/
    2019年6月11日 2時52分 ナリナリドットコム


    【【芸能】“解雇”入江から千原ジュニア「泣きながら電話」】の続きを読む

    このページのトップヘ