ダルまとめ速報

最近の話題、面白ネタなどを毎日お届けします。

    カテゴリ:



    (出典 igoholdings.jp)



    1 Egg ★ :2019/02/23(土) 07:38:06.98

    写真

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    囲碁の「ワールド碁女流最強戦2019」のトーナメント1回戦が22日、東京・市谷の日本棋院で行われた。
    20日に仲邑菫(なかむら・すみれ)さん(9)と対局した台湾の女性トップ囲碁棋士黒嘉嘉(こく・かか)七段(24)が登場、日本の上野愛咲美女流棋聖(17)に勝利した。

    台湾でトップモデルとしても活躍する黒七段は“美しすぎる囲碁棋士”と注目が集まっている。
    「碁に集中していて(注目を)あまり感じていない」と語ったが、日本でのタレント活動の可能性について「機会があればぜひ」と意欲を示した。

    2019年2月23日 05:30 スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/02/23/kiji/20190222s00041000317000c.html


    【【囲碁】< “美しすぎる囲碁棋士”>黒七段、日本でのタレント活動意欲「機会があればぜひ」 台湾でトップモデルとして活躍】の続きを読む



    (出典 t-fleet.jp)



    1 名無しさん@涙目です。(catv?) [CA] :2019/02/22(金) 10:44:53.82


    ここ35年で親と同居する中年未婚者が急増

    背景には「パラサイト・シングル」の高齢化と非正規労働者の増加

    少子化などで親側の意識も変わってきたが、一方で課題も

    https://www.fnn.jp/posts/00411700HDK


    【【悲報】いつまでも実家を出ない”子供部屋おじさん”が急増中 専門家「日本男性の幼稚化」】の続きを読む



    (出典 panasonic.jp)



    1 名無しさん@おーぷん :2019/02/21(木)01:00:54 ID:eQs

    あんだけ頑張ったのに辛いわ
    推薦の奴らが憎い
    憎んでも意味ないのに
    外歩けないわ


    【高三の河合模試で偏差値70いったのに大学行けなくて死にそう】の続きを読む



    (出典 www.j-cast.com)



    1 僕らなら ★ :2019/02/21(木) 11:55:32.39

    ◆「たった10か月で受験資格」の特別待遇

    小室さんが「NY州」と「フォーダム大学」を選んだ理由が見えてきた。日本の弁護士資格を持たない小室さんがアメリカで弁護士になりたいなら、本来、3年間の「JDコース(基礎コース)」を受講し、アメリカ全州の司法試験の受験資格を得なければならなかった。

    「しかし、フォーダム大学は小室さんを特別待遇し、本来ならば日本の弁護士資格取得者や法学部出身者が対象の『LLMコース(上級コース)』の受講を認めました。しかも、年間およそ700万円とされる授業料も免除された。

    それは、小室さんが“自分は天皇の孫のフィアンセである”というレポートを提出し、大学側がVIP扱いしたからとしか考えられない。さらに言えば、卒業までに3年かかるJDコースに比べ、LLMコースはたったの10か月で修了する。その上、ニューヨーク州など限定で、司法試験を受ける資格を得られるのです」(大使館関係者)

    異例の待遇を受け、今年5月にはロースクールを卒業できる小室さんは、7月30、31日に行われるNY州司法試験の受験資格を得るのだ。現地の法曹界ではこんな話まで聞こえてくる。

    「公平な試験のはずなのに、著名人の親族だったり、資産家の子息などは、なぜか“NY州司法試験に落ちることはない”といわれています」(前出・大使館関係者)

    「NY州司法試験委員会」によれば、昨年7月の同試験の初回受験者の合格率は74%だったという。合格率20%ちょっとの日本とは大きな差がある。さらに、フォーダム大学ロースクールの卒業生に絞れば89.1%が合格する。今のところ、小室さんに不合格の理由は見つからない。ただ、司法試験に合格さえすればその後が順風満帆かというと、そうではないようだ。

    「合格率が高いこともあり、NYでは弁護士は飽和状態で、仕事や働き口が確約されるわけではないそうです。名門のハーバード大学やスタンフォード大学を出ていれば大手法律事務所で職を得ることもそう難しくはありませんが、フォーダム大学となると、その可能性は低くなる。それに、日本では弁護士の活動はできないので、主にNYで暮らすほかないでしょう」(法曹関係者)

    日本では弁護士というと裕福なイメージも強いが、実際、NYではそうでもないようだ。ただし、そんな現実を知っている日本人は一握り。小室さんがNY州司法試験を突破すれば“眞子さまのセレブな生活が保障される”と、多くの人は思うだろう。

    結婚へのハードルは、これで一気に低くなった。今年7月頃、眞子さまは南米のペルーなどを訪問される予定だ。経由地はアメリカの西海岸の可能性が高い。

    「7月末、試験が終わって問題がすべてクリアになっていれば、そこで眞子さまは小室さんと会われるかもしれません。結婚の話は、そこで一気に加速するのでしょう」(皇室ジャーナリスト)

    運命の7月まで、あと5か月ほど。眞子さまにとっても「春の来ない冬はない」のだ。

    ※女性セブン2019年3月7日号
    https://www.news-postseven.com/archives/20190221_874039.html


    【小室圭さん、7月にニューヨーク州で司法試験を受験か 合格率90%・・・・結婚へのハードルは、これで一気に低くなった。】の続きを読む



    (出典 airstair.jp)



    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/02/21(木) 08:43:02.431

    これ最早恐喝だろ
    人出ないから24時間働けとかそりゃ死ぬわな


    【【悲報】セブンイレブンオーナーに違約金1700万wwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ